光ファイバー等による構造モニタリングシステムでインフラ・設備の基盤維持に貢献

株式会社レーザック

Home > サービス > 適用事例:プラント・生産設備 > AE法を用いた回転機の損傷監視

サービス

AE法を用いた回転機の損傷監視

工業プラントにおける回転機の損傷を、AE法を用いて評価します。

(1)構造系:アンバランス、ミスアライメント、緩み、曲がりなどであり、低周波数領域(<5kHz)の特徴信号が現れる。

(2)衝撃系:局部接触による衝撃音などであり、高周波数領域(約5kHz以上)の特徴信号が現れる。