光ファイバー等による構造モニタリングシステムでインフラ・設備の基盤維持に貢献

株式会社レーザック

Home > 技術情報:FAQ > そもそも光ファイバはどのような構造ですか?

技術情報

そもそも光ファイバはどのような構造ですか?

下の図は、光ファイバセンサに使用される石英ガラス製の光ファイバの構造図です。石英ガラス以外には、プラスチック光ファイバ(Plastic Optical Fiber; POF)もあります。

コア(Core)とクラッド(Clad)部分が石英ガラス製でできています。コアの部分には、一般にはゲルマニウム(Ge)がドープされており、透過屈折率がクラッドとは異なるため、コアの内部に光が閉じ込められて進んで行きます。

クラッドの周囲はアクリルやポリイミド等で保護されており(1次被覆)、この状態で「素線」と言います。おおよそ直径150~250umくらいで、髪の毛より少し太い程度です。